蒲田駅徒歩3分、大田区、蒲田駅で評判の小児歯科 島田歯科医院。

診療時間 日祝
10:00~12:30
14:00~19:00

…土曜診療は9:30~13:00 / 14:00~17:00

島田歯科医院のご案内

お問い合わせはお気軽にお電話ください

03-5703-1230

〒144-0051 東京都大田区西蒲田5丁目19-9 [MAP]

メールでのお問い合わせ

子供の受け口について

2017.02.18

受け口は遺伝の要素も強いので、成長の過程でそうなるのではなく、乳歯の内から受け口になっているという子供も多いです。乳歯の受け口は、小児歯科でマウスピースを使った矯正法で、治療することが可能となります。
マウスピースは日中1時間と夜の間つけているというスタイルで、6か月から1年半の期間をめどに治療は行われます。子供の日中の作業に影響しないようにと組まれた小児歯科の治療スケジュールは、歯の矯正はしたいけど子供には負担なのではないかと考える親御さんの心配を、放置するものではありません。
乳歯の内に治療しても永久歯が生える時に元に戻ってしまうのではないか、永久歯に生え変わる時に自然に矯正されるのではと考える親御さんに向けて、小児歯科が勧める第二の治療のタイミングは、上の前歯が生え変わる時です。最も存在感の大きい前歯が、下の歯よりも後ろの方向に生えてしまう場合には、そのまま成長しても受け口となることは避けられません。
この時には上顎を広げる矯正治療をして、下顎よりも遅れている上顎の成長を促しての改善を求めます。治療の期間は成長のリズムに合わせて一年半ほどと、マウスピースでの治療よりも長くなります。
永久歯が生え揃うまで待った場合、方法は抜歯も視野に入れてのブラケット矯正法に変わります。歯の一本一本に金具をつけた、非常に規模の大きい治療法です。そうした手段しか残らないタイミングではなく、まだ歯が大人の構造になっていないうちに矯正をしてしまった方がよいというのは、受け口という形においても変わりません。

pagetop