蒲田駅徒歩3分、大田区、蒲田駅で評判の小児歯科 島田歯科医院。

診療時間 日祝
10:00~12:30
14:00~19:00

…土曜診療は9:30~13:00 / 14:00~17:00

島田歯科医院のご案内

お問い合わせはお気軽にお電話ください

03-5703-1230

〒144-0051 東京都大田区西蒲田5丁目19-9 [MAP]

メールでのお問い合わせ

永久歯列期とは

2017.02.12

最近では、商品棚に並べられた色々な人工乳より、赤ちゃんにとって最適で最高の栄養優れた点が多いことが分かってきた事などから母乳の授乳が増えてきているそうです。どんな時も親にとって子供の成長を心配し、健康に育ってくれるのをいつも願うのはごく普通な事だと思います。
子供が母乳期が終わり離乳食が開始した頃から、規則正しく栄養バランスの良い食習慣を養うことが大切であるとともに、徐々に硬いものが噛めるようにするなど子供がまだ小さい頃から歯について気を配る事は子供の成長を見守る上でとても重要です。
小児歯科には、様々な理由から永久歯列期(だいたい6歳頃の交換期以降)治療を開始する子も少なくありません。この歳の子供たちに使用する装置は、成人が使用する装置ほとんど変わりなくなってきます。しかし頃の子供は体の成長期でりあごの骨なども成長途中で有る事から、その後の成長過程を事前に検討した治療が大切になるとともに、歯医者選びも大切なポイントになります。
永久歯が生え揃った以降の永久歯列期の子供の成長に応じた適切な小児歯科治療が大人になった時の歯の健康の基礎となるためこの時期の治療が非常に大切である事は確かですが、多くの子供の歯は神経が入っている根の管が大人のような大きなさでは無く、糸のような小さな細い管に別れていてに根の治療の難しさが有ります。このような事から永久歯列期における成長はとても早く日頃の歯の清掃と、早期治療が大切です。

pagetop