島田歯科医院

インビザラインファースト

「お子様の歯並びをキレイにしたい!」
というご両親が増えています。

  • 歯並びで子供を苦労させたくない!
  • 学校検診で「かみ合わせ」にいつもチェックが…
  • お友達が歯列矯正をしているのが気になる!

「お子様の歯並びをキレイにしたい!」

小児矯正をしてみたいけれど、
「矯正するメリットって?」
「いつから始めればいいの?」
「費用はいくら?」
など疑問もたくさんあるはずです。

安心・納得して治療が始められるように、小児歯科に関するよくある3つの疑問にお答えします。

「お子様の歯並びをキレイにしたい!」小児歯科に関するよくある3つの疑問にお答えします

チェックシート

子供は自分で歯並びが悪いという自覚症状はほとんどありません。まずはお母さんがお子様の歯をチェックしてあげましょう。
理想的な治療を行うためにも早期発見、早期治療が必要になってきます。
下記のようなものが見られる場合は、当院までお気軽にご相談ください。

  • 受け口 (下顎が上顎よりも大きい状態)
  • 出っ歯 (上顎が下顎よりも大きい状態)
  • でこぼこの歯 (八重歯とも言われ、 歯が生える場所がスペースがなく、 でこぼこに生えてくる状態)
  • すきっ歯 (歯と歯の間が空いている状態)
  • 発音が少しおかしい
  • 乳歯がむし歯になっている
  • 顔の左右のバランスが違う
  • うつぶせで寝ることがよくある
  • 指をしゃぶるくせがある

Question01

なぜ矯正治療が必要とされているの?

「悪い歯並び」は口の中だけではなく、全身の発育や健康、そして心にまで悪影響を及ぼします。
強制治療を行うかどうかで、お子様の一生を左右すると言えます。
「キレイな歯並び」を作ることは、以下のようなメリットがあげられます。

  • merit01

    かみ合わせを治す事で、口の中の機能を最大限に生かす事ができます
    食事・発音・運動、全ての機能にかみ合わせは影響します。最近では、アナウンサーやスポーツ選手も強制治療を受けている方は多いようです。正しいかみ合わせを獲得して、お口の機能を最大限に成長させましょう。
  • merit02

    虫歯・歯周病などに強いセルフケアしやすい歯並びを作ります
    乱れた歯並びは、歯磨きが行き届かないすき間や段差が多くなってしまうため、キレイな歯並びに比べて歯垢がたまりやすくなります。失われた歯は二度ともとに戻りません。虫歯や歯周病で歯が失われないためにもキレイな歯並びを目指しましょう。
  • merit03

    自信を持ったスマイルで、明るい将来が待っています
    人の第一印象でお口まわりの表情はとても大切です。特に歯並びの良い自信を持ったスマイルは、絶対プラスになる事は間違いないです。ステキなスマイルは口福(コウフク)を呼びます。

このようなメリットを獲得できるように、早期から計画を立てて
お子様に「キレイな歯並び」を贈りましょう!!

インビザラインファーストとは?

インビザラインファーストとは、米国アライン・テクノロジー社によって開発された小児向けマウスピース型矯正のことです。アライン・テクノロジー社は、1999年米国にて「インビザライン・システム」をスタートさせました。透明で目立ちにくく、取り外し可能な新しい矯正治療は、世界中に広がり、多くの患者様が治療を受けられております。

元々、インビザラインは成人向けのマウスピース矯正でしたが、
「インビザラインファースト」として、小児向けのマウスピース矯正が開発され、2019年4月より日本でスタートしました。
当院ではいち早くインビザラインファーストに取り組みを始めております。

インビザラインファーストの適応年齢は?

適応年齢は、約7~9歳の子どもと言われます。厳密には、上の前歯が生える時期となる混合歯列前期から使用でき、6歳臼歯と前歯が2/3萌出している必要があります。
歯並びのご相談は、いつでも受けており、矯正治療自体は約4歳から可能です。当院では、インビザラインファースト以外の矯正治療もあり、患者様の状況に適した装置を使います。まずは、お気軽にご相談ください。

矯正の流れ

島田歯科医院のインビザラインファーストのメリットとは?

1透明で目立ちにくいマウスピース矯正装置

お友達からも矯正していると気づかれにくい透明なマウスピース矯正装置です。

2スポーツをしている方にもおすすめ

ワイヤ―矯正と比較すると、プラスチックの装置ですので、スポーツをしている方も比較的、安心して治療できます。

3取り外し可能なので衛生的

ワイヤ―の場合は、入り組んでいる細かな部分を磨く必要ががありますが、マウスピース装置ですので、 外して歯磨きができますので、簡単になります。

4先進機器光学スキャナーの導入

通常、矯正装置を作る際には粘土のような型取り材を口に入れて型を取ります。子供によっては、気持ち悪い場合があります。しかし、当院のインビザラインファースト用3Dスキャナーは光学印象といい、光を当てるだけで型を取ることができます。

小児矯正装置の種類

インビザラインファースト 拡大床 ブラケット(ワイヤー)
 
適応年齢 約6~8歳 約4,5歳~ 永久歯になってから
装置の種類 透明なマウスピース型 取り外し可能な装置 金属のブラケット
装置の特徴 目立たず取り外しが可能 あごを広げる 治療期間が短い
目立ちやすさ 目立ちにくい 目目立ちにくい(夜に使用) 目立つ
取り外しの可否 可能 可能  
お手入れ 歯磨きの際に取り外し 歯磨きの際に取り外し 歯磨きがしにくい
金属アレルギー 金属の使用なし 部分的に金属を使用 ワイヤーは金属

治療の流れ

  1. Step1

    無料カウンセリング矯正相談

    マウスピース矯正をご希望の方は、無料でカウンセリングを受けていただけます。ぜひお気軽に当院にお越しいただき、歯並びに関するお悩みをお聞かせください。インビザラインについてのご説明を行い、患者様からの様々な疑問にもお答えします。

  2. Step2

    精密検査

    レントゲンと3Dの光学スキャナーを利用して、お子様のお口の中の状況を採取します。従来のような粘土の型取りが不要となり簡単かつ、正確に測定することができます。

  3. Step3

    検査結果のご説明

    アメリカのアライン社の臨床グループに測定したデータを送り、共同で治療計画を立てていきます。
    ご説明では、治療の内容、およその期間、費用についてご説明いたします。
    治療計画にご納得いただけら、マウスピース矯正装置を発注いたします。

  4. Step4

    マウスピース矯正治療の開始

    届いたマウスピース装置を装着し、調整していきます。
    歯列弓が拡大できた後は、永久歯が生えそろうまで経過観察を行い、生えそろった段階で歯を綺麗に並べていきます。

  5. Step5

    保定期間

    歯並びが綺麗に並んでから、保定期間に入ります。歯を動かした直後はまだ、定着しておらず不安定な状況のため、少し硬めのリテーナーを装着し綺麗な歯並びを固定します。

  6. Step6

    メンテナンス

    保定期間終了後は定期的なメンテナンスを行い、お口の健康を維持していきます。歯垢・プラーク除去や検査を通じて、虫歯・歯周病を予防します。

お口のケアを大切に!!その他、こんなことも行っています!

TBI (歯磨き方法の説明)
お口の健康の基本はご家庭での歯磨き(口腔ケア)です。
毎日歯磨きをしているつもりでも、“義務磨き”になってしまっていては、虫歯や歯周病はなかなか防ぐことができません。

TBIは患者さんに合った正しい歯磨きを身に着けていただくための口腔衛生指導です。
いつまでも健康で楽しく食事ができるよう、歯科衛生士がわかりやすく丁寧に“歯の磨き方”をご案内いたします。

TBI (歯磨き方法の説明)

PMTC (口腔内クリーニング)
正しい歯磨きを毎日していても、汚れは少しずつ溜まっていきます。
歯と歯の間、歯と歯茎の間(歯肉溝あるいは歯周ポケット)など、歯ブラシの毛先が届かない場所は多分にあるためです。

予防歯科では、ご家庭でのケア(セルフケア)と歯科医院でのケア(プロフェッショナルケア)が重要とされており、その一端を担うのがPMTC(口腔内クリーニング)です。

定期的に行うことで、虫歯や歯周病を予防し、口臭のない衛生的な口腔環境を維持できます。

PMTC (口腔内クリーニング)

治療計画の説明
お口の状態にもよりますが、治療方法はひとつではありません。
“できるだけ見栄えよく治してほしい”
“長持ちするかぶせ物にしてほしい”
など、要望も患者さんによってさまざまです。

当歯科医院では、治療の前に患者さんの要望に合った治療方法や治療期間などについて詳しくご案内しております。
実際の治療も、患者さんが同意された方法で行いますので、安心して治療に望んでいただけます。

治療計画の説明

定期健診
全身の健康にとって“健全な口腔”であることは大切な要素です。
老化防止や若々しさ(アンチエイジング)、思考力、集中力、運動能力などあらゆる面で、お口の健康は関係しています。

定期健診は虫歯や歯周病の予防、または最小限に抑えるために行います。
たとえ虫歯や歯周病になっていたとしても、早期発見・早期治療ができることで“健全な口腔”を維持することが容易になります。
“痛くなったら治療”は、歯を削る治療になってしまいます。定期健診によって未然に防ぐ意識を高く持つようにしましょう。

定期健診

インビザラインファーストのQ&A

Q.抜歯する必要はあるの?

A.できるだけ歯を抜かない矯正を目指しております。

Q.痛みはありますでしょうか?

A.痛みはほとんどなく、お子様はすぐに装置になれることができます。

Q.矯正装置は目立ちますでしょうか?

A.ほとんど目立ちません

Q.矯正装置にはすぐになれますでしょうか?

A.透明で薄い矯正装置のため、すぐにはめて慣れることができます。

Q.治療期間はどれくらいでしょうか?

A.症例により異なりますが、永久歯が生えそろうまでは通っていただきます。詳しくは、ご来院時に個別でご説明いたします。

Q.矯正治療期間中、どれくらいの頻度で歯科医院に行きます?

A.はじめは2週間ですが、その後、治療内容によって2週間~2か月になります。

Q.自宅で行うことはありますでしょうか?

A.配布した装置を付け替えていただくだけです。気になる方は装置の洗浄をしていただきます。

Q.学校でも使えますでしょうか?

A.学校でも使用していただきます。学校ではアメリカの先進の矯正治療ということで、自慢げにお話しているお子様が多いです。

Q.毎日何時間装着する必要があるのでしょうか?

A.食事中と歯磨き中を除く、およそ20時間装着していただきます。

Q.何歳のときに、歯並び相談にかかれば良いですか?

A.気になったタイミングで良いです。4歳ごろから矯正治療を始めることができます。

インビザラインファーストの料金について

ご希望に合わせてお支払方法をお選び頂けます!

  • 毎月
    コンスタントに
    支払いたい
  • なるべく
    安く
    済ませたい
  • 短期間で
    支払いを
    済ませたい

治療費用について

インビザラインファースト

月々8,700円~
(総額60万円~)

処置料として2週間~2か月ごとに、別途4000円+税をいただいております
矯正装置の調整と歯のクリーニングをして、虫歯・歯周病予防処置を行います。

お支払いについて

クレジットカード

下記マークのクレジットをご利用いただけます。
※各社ごとの金利は患者様負担

デンタルローン

当院では、アプラスと提携し、より多くの患者様に治療をご提供できるよう歯科に特化したデンタルローンを導入しております。デンタルローンとは、歯科治療費をアプラスがお客様の代わりにお支払いし、患者様が自由に組めるプラン(回数)に沿って返済していただく仕組みです。
※学生の場合、保証人が必要となります。

医療費控除について

医療費控除額と還付金の計算式

医療費控除額 = 1年間の医療費支出 – 保険金等の収入 – 10万円
還付金 = 医療費控除額 × 所得税率

課税される所得額 税率
195万円以下 5%
195万円~330万円以下 10%
330万円~695万円以下 20%
695万円~900万円以下 23%
900万円~1,800万円以下 33%
1,800万円~4,000万円以下 40%
4,000万円~ 45%

具体例(60万円の場合)

所得金額 控除額 実質負担額
年収200万円の人 100,000円 500,000円
年収300万円の人 100,000円 500,000円
年収400万円の人 150,000円 450,000円
年収800万円の人 165,000円 435,000円
年収1,000万円の人 215,000円 385,000円
年収2,000万円の人 250,000円 350,000円
年収4,500万円の人 275,000円 325,000円